スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

僕が読んでるkindleで買える自転車マンガを紹介してみる。

電子書籍…とくにkindle本だと買いやすい、検索しやすい、予約購入しやすくてついつい買っちゃいますね。
そしてなによりいくら買ってもかさばらないのが嬉しい!
本棚がマンガで埋まらないのは嬉しいし、風呂場で読んでも湿気ないのも良い。
というわけでマンガを買う時はもうkindleでしか買ってないです。
僕はiPadにkindleアプリを入れて買って読んでます。
不満なのは出版業界の都合からでしょうが作品によって電子書籍化のタイミングにバラツキがあったり
遅かったり。個人的にはもう電子書籍化されなかったら買わないので、電子書籍化のタイミングが遅くなればなるほど忘れて買わなくなる事が多いのでできれば発売と同時に電子書籍版も買えるようになって欲しいですね。
またはコミック版をかったら電子書籍版は無料でダウンロードできるようにして欲しい。

閑話休題、タイトルの通り「僕が読んでるkindleで買える自転車マンガを紹介してみる」
「シャカリキ」
自転車マンガの金字塔?連載当時はロードレースを扱ったマンガって少なかったから
自転車好きはみんなハマった印象がありますね。
坂の街で幼少を過ごしたヒルクライマーが主人公のマンガです。
昔は無理して「重いギアを踏む!」ってのが主流だったので
時代が出てるな〜と読み返して感慨にふけりました。
弱虫ペダルと読み比べると自転車を漕ぐという行為ひとつをとっても
時代によってこんなに違うのか!と今の人は驚くかも?
他の曽田作品同様超人的主人公が活躍する少年漫画です。完結作品。


「弱虫ペダル」
今現在アニメにもなってるし説明不要か?
現在を代表するロードレース少年漫画。
1巻〜入部する位までは正直ダルいけどレースになったら燃えますね。
細かな矛盾やキャラが初期設定からブレたり、存在感なくなったり、途中からむりやりリサイクルされたりは
ありますが概ね少年漫画的には燃えるエピソードが多いのではまりやすいと思います。
連載中。


「のりりん」
ロードバイクあるあるが随所にちりばめられたうんちくマンガ。
物語的には、ロードバイクに乗らざるえなくなった主人公とその周りが
ロードバイクにはまって行くなかで、いろんな疑問や問題、あるあるをうまくマンガで描いてあります。
主人公および周りの登場人物の性格が多少難ありなので1巻は人によると面倒に感じるかもしれませんが、
2、3巻あたりからじわりと読みたくなる漫画。
スポーツバイクに興味がわいたら読んでみると良いかと。
連載中。



「かもめ☆チャンス」
1巻はなかなか読むのが苦痛だった。絵も安定してないしキャラも動きが堅いし話も色々と散らかってる感じ。子供と保育士の先生もちょっとウザイ感じ。
しかし2巻以降は少し安定してきてウザさも抑え気味になり自転車をちゃんんと中心に据えてからはグッと面白くなっていきます。(最初は作者が自転車マンガ、レースマンガにする気がなかったという話も。)
レースになってからはより燃えますね。個人的には俺ちゃん梶プロが好きです。
ロードレースだけではなくピストやシクロクロスなどの自転車も出てくるので
色んな自転車好きもハマる要素はあるかと思います。
最後は打ち切りっぽい駆け足感もありますがうまくまとめあげている気がします。

というか早くKindle版の最終20巻だしやがれっ!
完結作品。


「じこまん」
こちらはかもめチャンスの作者、玉井雪雄氏の自転車エッセイマンガ。
こちらも自転車初心者からの自転車あるあるが描かれています。


おまけ
スマフォやタブレットに自転車メンテナンス本を入れておくのもいいですね。
出先でちょっと調べたい時やメンテする時にも便利です。




作業時にスマホやタブレットを使うなら軍手替わりにミドリ安全のスマホ対応手袋なんてのもあると便利ですね。
ページが付けたままめくれます。


--- 追記 ---
「かもめ☆チャンス」 最終20巻、kindleで買えるようになりましたね。
駆け足感がやはりあり過ぎですがイタリア編が収録されているのでそれなりに
ハッピーエンドでスッキリした感じはあります。
僕はやはり前半よりスポーツ漫画になってからの方が好きですね(笑)



あともう一作品紹介を。
「茄子」
全てが自転車漫画ではありません。
この単行本はすべて茄子が話に絡んだ短編集でその収録作品のひとつにロードレースをテーマにした
「アンダルシアの夏」が1巻にその続編、「スーツケースの渡り鳥」が3巻に収録されています。
ロードレースの躍動感や雰囲気が良く出ている作品だと思います。
派手さはないけど何となく何度も読みたくなる漫画ですね。




あと映画化やDVD化もされたのでそちらの方がなじみがある方もいるかもしれません。
音楽や空気感、躍動感もうまく表現されていると思います。


「スーツケースの渡り鳥」の方は地味にひっそりと映像化されたので
観てない人も多いかも?な作品ですが、前作より少し明るめのトーンになって
親子で観ても楽しめるかと思います。一部人によっては?な部分がありますが
色々と解釈をしたり、観た人とそれぞれの解釈を話したりしてみると面白いかも?
絵的にはジブリ好きな人も接しやすいでしょうね。



情報が気に入って頂いた方は気が向いたらこちらでお買い物をどうぞお♪ > amazonでのお買い物はこちら。








comment

管理者にだけ表示を許可する

07 | 2017/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

aishi

Author:aishi
こんにちは☆都内で活動中のフリーランスイラストレーターaishiです。twitterアカウントはai_77です。
お問い合わせ、お仕事依頼等はinfo@aishibox.comまで気軽にどうぞ♪
HP:http://www.aishibox.com/
Copyright(c) aishi
WARNING:ALL Rights Reserved. Unauthorized duplication is a violation of applicable laws.

作品・テキスト・画像等の無断転載禁止。HP上のすべてのイラスト・テキスト・画像等の著作権及び掲載許可はすべて作者が有しております。

Twitter on FC2
カテゴリー
検索フォーム
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
QRコード
QRコード
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSフィード
リンク
広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。